実際の添削指導の写真

4つのNo.1レベル!

専門だからできる「3つの添削指導」

専門だからできる「3つの添削指導」

作文小論文専門学院は、作文および小論文の専門教育機関でございます。我々はその責務を強く感じ、一切の妥協をせず、日々添削指導に取り組んでおります。専門教育であることを自覚し「どこよりも効果的な添削指導を」「常に最高レベルの添削指導を」という志をもって作文および小論文教育と真摯に向き合っております。具体的な取り組みとしましては、下記の3つを実践しております。

(1)1題につき、平均2時間程度かけて添削指導

※場合によっては、3時間近くかけて添削することもあります。
※お子様の文章をじっくりと読み、丁寧に添削指導するには、どうしても時間をかける必要があります。添削すべきポイントを明確にし、作文や小論文の書き方やコツを分かりやすく丁寧に添削することで、書く力を身につけてもらえるのですね。

(2)ひとつひとつステップアップできる添削指導

作文小論文専門学院の添削指導は、その場限りのものではありません。次回につながる指導を心がけています。今月よりも来月、そしてまた次へと成長できるように考えています。ひとつひとつマスターすれば、目標を達成できるはずですからね。
※毎月1つ以上マスターすれば、お子様は12か月で最低「12個」の成長ができますよね。毎月成長することで、どんなテーマでもスラスラ書けるようになるのですね。

(3)代表(元進学塾主任講師)が責任をもって添削指導

一般的にはアルバイト講師による添削指導も珍しい話ではないと思います。しかし、作文小論文専門学院では添削指導の質をわずかでも低下させるわけにはいきません。最高レベルの添削指導を皆様に提供するため、アルバイト講師を雇うことは絶対にあり得ないのです。当学院では、専門教育であることを強く自覚し、代表(元進学塾主任講師)が責任をもって添削指導させていただきます。

実際の添削例(小学5年生の場合)

作文小論文専門学院の添削指導をさらに理解いただくために、実際の添削指導を掲載いたしましたのでご覧ください。(小学5年生のお子様が3枚書いた場合でございます)
※お子様の作文や小論文にも著作権が発生いたしますので、掲載にあたり許可をいただいております。
【1枚目の添削指導】
【2枚目の添削指導】
【3枚目の添削指導】
【まとめの添削指導】・・作文小論文専門学院では、次回どのような部分に注意すればいいのか、番号をつけて明確にまとめています。このようにポイントを示しておくことで、次回の目標がはっきりとしますからね。
【保護者様への用紙】・・学習状況を保護者様に理解していただくことは大切ですし、場合によってはお子様に声掛けいただきたいと感じる場合もございます。お子様の力を最大限引き出せるよう、精一杯添削指導させていただきたいと考えております。この用紙には、そのような役割がございます。
※実際の添削講座では、評価用紙もついています。(8項目を5段階に分け評価しています)